ゆったり呼吸法のすすめ

桜が咲いて、お昼間は温かい日が続いていますね。

昼夜の寒暖差、天候の移り変わりが大きい今日この頃ですが

風邪を引いたり、なんとなく体調がすぐれない、

朝起きた時に体がだるく疲れが取れない、などの症状はありませんか?

春先は、身体が気候の変化について行けずに、

体調を崩してしまうことが多いです。

そして、疲れているのに、中々夜眠れない、途中で起きてしまい

その後眠りが浅いなど睡眠障害が起きることもあります。

そこで、今日はちょっと気持ちが高ぶっているなと

感じた時に行う呼吸法を紹介します。

【片鼻呼吸法】

①椅子に座るか、座布団の上に安楽座か胡坐で座ります。

②右手の親指と薬指を鼻孔にあてます。左手は左ひざの上に手のひらを上向きにして

親指と人差し指で輪を作ります。

③両鼻から息を吸って、吐く時に軽く顎を引いて、首筋を伸ばします。

④左の鼻孔を閉じて、右の鼻から息を吸い、親指で右の鼻孔を軽く押さえます。

⑤薬指を話して、左の鼻孔から息を吐き、その後息を吸い、薬指で左の鼻孔を押さえます。

⑥親指を離し、右の鼻孔から息を吐きます。

⑤~⑥を5回から10回繰り返します。

交感神経と副交感神経のバランスが整い、心が落ち着いてきます。

 

片鼻呼吸法で、心に落ち着きが取り戻されたら、

続けて瞑想をするとさらに気持ちがスッキリしますよ。

上の写真のように、安楽座で背筋を伸ばして座ります。

軽く目を閉じで、呼吸に意識を向けます。

吸う息、吐く息が背骨に沿って上下するイメージを持って

吸う息の最初から最後まで、吐く息の最初から最後までを

静かに見つめていきます。

瞑想の最後に、「明日はすべてにおいて、ますます良くなります」など

良いイメージを持って瞑想を終了します。

時間にしたら、5分くらいでも脳がスッキリして、質の良い眠りに

付くことができます。

 

近ごろ気持ちが落ち着かない、なかなか眠れない時に

片鼻呼吸法と瞑想をやってみてください。

その結果、何か変化があったら、コメントなどで

感想をお聞かせください。

お待ちしております!

 

☆先月からメールマガジン始めました!

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら