ヨガをやって良かったなぁと思ったこと

こんばんは。

今日もなかなか蒸し暑い日でしたね。

湿度は高いけれど、風が吹いているので過ごしやすかったです。

 

私は、今から5年前の今頃広尾にある「be yoga Japan」でイシュタヨガの

全米アライアンス200時間インストラクター養成講座を受けていました。

実は、その年の4月に右肺に早期の肺がんが見つかり、胸腔鏡で手術を

したばかりでした。

ちょうど会社も休職中だったので、この際今までやりたかったけど

できなかったことをこの期間にやろうと思っていました。

何をしようかと考えた結果、ヨガを本格的に学びなおそうと決めて

申し込みました。

しかし、体に負担の無い手術とはいえ、右肺の上葉を取ったばかり

なので体力的に大丈夫かなと思いながらの始まりでした。

 

そして、養成講座が始まって1ヶ月経った頃

精神的な落ち着きが出て、自己肯定ができている自分に気づきました。

何というか腹の底からエネルギーが湧いてくるような

感覚がありました。

それまでの私は、会社でのストレスから体調を崩し、精神的に

ボロボロ状態で休職、その上人間ドックで肺がんが見つかり手術、

自分に対する自信をすっかり無くしていました。

ある意味、生きる力みたいなもののレベルが低い状態でした。

精神的にもこれからへの不安が大きい状態でした。

それが、ヨガの養成講座を始めて1ヶ月、自分を認め、許し

肯定することができるようになりました。

もちろん平日1日5時間の座学やら実技、他にスタジオで日々

レッスンを受けることで、体はあちこち筋肉痛で大変でした(笑)

体は大変だけれど、心は日々元気になっていきました。

ヨガ哲学にも大いに助けられましたし、呼吸法、瞑想も

物凄く効果が高かったように感じています。

特に呼吸法、呼吸を意識する、呼吸を整えることが

心に及ぼす影響が、こんなに大きいとは驚きでした。

3ヶ月の養成講座が終わる頃には、精神的にどん底だった私が

すっかり立ち直り、地に足が着いてここから自分の人生を

生きていく力を取り戻すことができました。

人間は、感情の動物と言われています。

絶望によって亡くなる人もいます。

そのくらい、「気持ち・心」というものは大切です。

その心を、癒して前を向かせる力が、ヨガにはあるんだと

実感しました。

本当にヨガをして良かったなぁと思いました。

いま、精神的に落ち込んでいたり、がんの闘病中や予後、

慢性病などで不安が大きい方は、是非ヨガをやってみてください。

心の健康を支えてくれますよ。

 

☆メルマガ配信中

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら