予防医学って何?

こんばんは。

肌寒かった昨日から、今日は10度くらい

気温が上がり、夏日になりました。

体調はいかがですか?

疲れていませんか?

さて、今日は私がVHCの講座で学んだことから、お伝えします。

 

予防医学とは何か?

 

従来の医療モデルと予防医学を使ったヘルスケアモデルを
比較してみましょう

 

◆従来の医療モデル

現在行われている医療モデルは、次のようなものです。

  • 症状に対する医療
  • 薬物治療と手術
  • 標準化治療など、画一的な治療法
  • 起きた現象(痛み、不調など)の事後対応であり、要素的な視点
  • 遺伝的な体質を重視
  • 非常にお金がかかり経済的に大変

いま私達が受けている医療モデルは、緊急事態に対する対応と言えます。

風邪をひいた、お腹が痛い、熱が出たなど症状が出て、病院に行くというものです。

これは、火災が起きた! 消防署から消防隊が駆け付け、火を消すようなものです。

緊急事態と症状に基づいたケアが行われます

 

◆予防医学を使ったヘルスケアモデル

世界最先端の予防医学のヘルスモデルは、次のようなものです。

  • 今ある症状の原因追及、予防、パフォーマンスの向上
  • 生活習慣の変更、細胞単位の治療、デトックス
  • その人に合わせたカスタマイズと個別化
  • 症状が起きる前に事前対応かつ包括的な視点
  • エピジェネティックな制御を重視
  • 長期的にはお金の節約になる

「エピジェネティックな制御」というのはちょっと耳慣れない言葉だと思います。

例えば、私は乳がんになりましたが、がんの遺伝子はがんの遺伝子は誰もが持っています。

そのスイッチをONするか、しないかで、がんを発症するか否かが決まります。

そのスイッチを制御するということを重視するということです。

予防医学の視点では、健康づくりと原因に基づいたケアを行います。

そもそも細胞から健康になるような食事、生活習慣に変えていきます。

例えば、私は以前Rolexの時計を持っていました。(ある施設利用した時に落として

しまい、そのまま出てこないという悲しい出来事でした…😢

購入から10年経って、遅れるようになったので修理に出しました。

機械やリューズをオーバーホールしたら、まるで新品のように蘇り

その後も、私の元から去る日まで元気に動いていました。

その修理の時、Rolexのお店の人から5年おきにオーバーホールすると

娘さんにも渡せますよと言われました。

私達の体も同じです。

人生100年と言われる時代になりました。

生まれてから死ぬまで、同じ体と付き合っていきます。

その時間を100年にするか、60年にするかを決めるのは

運命ではなく、自分だという事です。

それが予防医学の考え方です。

以前のメルマガでも予防医学のお話を

させていただきました。

よろしければ過去のメルマガをご覧ください。

 

環境、生活習慣、考え方を根本から見直し、変えていく。

そして一生健康で過ごせる方法を身につけていくことが

病気にならない一番の方法ですね。

 

大部分の慢性疾患は、遺伝子が原因ではない。
大部分の慢性疾患の90~95%が生活習慣と環境によるものである
Texas M.D. Anderson Cancer Rserch Center

 

メルマガ配信中

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら