明日は「大寒」~一年で最も寒い時期

明日は。二十四節気の「大寒(だいかん)」です。

名前の通り、一年で最も寒い時期です。

明日から、立春までの間が「大寒」です。

立春の前日、2月2日が節分にあたり、冬の土用が終わります。

 

この時期、寒さがが厳しくなり、例年でも行動力が衰えがちです。

今年はそこにコロナ自粛が加わり、さらに行動力が低くなっているように

思います。

でも、2週間後には暦の上で春を迎えます。

これからの未来をイメージして、やってくる春に備えて

心身の準備を始めていくのも良いのではないでしょうか。

この暗さがいつまでも続くわけではありません。

「冬来たりなば、春遠からじ」

今は大変だけれど、力を蓄える時期と考え、来るべき

明るい春に向けて心とからだを鍛えていきたいですね。

 

会社員時代、終電を逃してタクシーで家に帰る途中

桜で有名な公園の近くを通った時、運転手さんが教えてくれました。

「春に桜の花がきれいに咲くためには、今の寒い時期に多くの水分を

幹に溜める必要があるんだよ」と。

自然の摂理に教えられることは、多いですね。

 

今日は、恵方参りとこの時期の体調管理についてお話します。

 

◎節分の恵方はどこ?

今年の恵方は「南南東」

恵方巻が、一般的になりコンビニにも今の時期恵方巻が並びます。

他に、「恵方参り」というのがあるそうです

恵方には、福徳を司る美しい姫神「歳徳神(としとくしん)」が

いらっしゃるそうです。

この一年「徳」がある方位とされ、「南南東や南」にいらっしゃる

歳徳神が、智慧とチャンスを授けてくださるそうです。

2月3日の立春に行くのも良いそうなので、私もお参りしたいと

思っています。

まずは、自宅から南南東か南の方角にある、神社仏閣を探します。

 

◎体調管理

今は、冬の土用の時期です。

この時期は、冷えて胃腸虚弱・水ぶとりになりやすい時です。

胃腸の虚弱の体質改善には、栄養バランスの良い食事を少しずつ

1日4食~5食に分けていただきます。

間食もお菓子というよりは、おにぎりなど軽い食事の方が良いです。

身体を冷やさないように気をつけます。

水太りには、温めることでむくみを摂っていくのが良いと言われています。

温かい滋養ある冬野菜をたくさん摂り、豚肉、うなぎも良いと言われています。

ショウガも上手く取り入れ、食べ物で身体の中から温めて、免疫力が

落ちないようにしていきましょう。

この時期に、冷えないようにしていくことが、春の花粉症対策になります。

 

なかなか思うようにならないこの時期、それでも春はそこまで来ています。

気持ちを明るく持って、来るべき明るい春のために体調を整えて、

恵方参りをして準備をして行きましょう。