睡眠不足は病気を招く!?

こんばんは。

緊急事態宣言が延長になって、

とても残念に思っている鈴木です。

突然ですが、あなたはよく眠れていますか?

理想的な睡眠時間は、7時間~8時間と言われています。

なかなかその長さを確保するのは、難しいですね。

かく言う私も、平均6時間くらいです。

タイトルにあるように、睡眠不足が体に及ぼす

影響って、大きいんですよ。

1日の約3割は睡眠にあたり、人生の3割は寝ていることに

なりますね。

質の高い睡眠が確保できていないことが

健康に及ぼす影響はとても大きいものがあります。

WHOが夜勤をする仕事の人を対象に調査した研究結果で、

夜勤をしている人たちは、慢性的な睡眠不足を抱えているそうです。

その結果、女性は乳がん、子宮がん、

男性は前立せんがんのリスクが増加するほか、

糖尿病、心臓発作、脳梗塞、アルツハイマーのリスクも

上がることが分かりました。

また、パフォーマンスやエネルギーも低下し、

脳への影響も深刻で、不眠症、めまいなど

神経系の症状を引き起こすことも分かっています。

これは睡眠不足などによって、細胞内に毒素が

溜まってしまうことが原因です。

睡眠というのは、そういった細胞内の毒素を

デトックスするという役割も担っているのです。

だから、睡眠の質が悪いという事は、体内に毒素が

どんどんたまっていってしまうという事になります。

 

睡眠の質を上げるためには、睡眠ホルモンの

「メラトニン」という物質がかかわっています。

メラトニンは体内時計に関わっています。

メラトニンを上手に分泌するには、

①毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる

②朝日を浴びる

③寝る前1時間は、携帯、タブレット、PCは切り、

ブルーライトを浴びないようにする。

などに気をつけていくと、随分違います。

 

他に、ゆっくりと湯船に浸かる、アロマオイルを

使う、瞑想をする、ストレッチうあヨガをするなど、

自分のルーティンを持つと良いと思います。

 

コロナ感染症で、世間が落ちつかない状況の今、

見えないストレスを多く抱えています。

睡眠時間を、しっかり確保することで

ストレスに打ち勝ち、免疫力も上がります。

この機会を睡眠を見直す良い時期と捉えて

生活のリズムを整えるといいですね。

☆メルマガ配信中

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら