その「はい」という言葉は、心のどこから来ていますか?

こんばんは。

今日は晴れて、雲一つない青空が広がった一日でしたね。

私たちは、承諾の意味で「はい」という言葉をよく使います。

 

今日一日を振り返ってみてください。

 

今日使った「はい」という言葉は、

心の明るい部分から来ていますか?

心の暗い部分から来ていますか?

この質問を見た時、ドキッとしました。

 

やりたい気持ちから出た「はい」か、

仕方ないな、気が進まないけどやるしかないか、

やらねばならないという気持ちから出た「はい」か。

 

どうでしょう?

自分の心に正直になって、

自分の心でやりたいという嘘のない気持ちから出ているか

自分の心を誤魔化して、嘘をついているか

胸に手を当てて考えてみてください。

 

小さなころから、嘘をついてはいけません。

誤魔化しはダメですよ。

と言われて育ってきました。

ここでいう嘘をつくのは、外部に対してです。

もちろん、友人、知人、他の人、社会に対して

嘘をつくのは、罪なことです。

大きくなれば、犯罪ですよね。

それに比べて、自分に対しての嘘はどうでしょう?

意外に簡単に嘘をついていませんか?

 

自分に対しての嘘は、罪にはなりませんからね。

でもね、自分に対してつく嘘は、

じわじわと心を蝕んでいくんですよ。

 

それはなぜか?

心の奥では、嘘だと知っているからです。

本当は気が進まないのに無理をして「はい」と言う。

それは心のなかの暗い部分から来ています。

これを続けていくと、こうありたいと思う自分から、

どんどんかけ離れていきます。

徐々に心のバランスを取るのが、難しくなっていきます。

その状態を続けていくと、心とからだは繋がっているので

体調も悪くなってきます。

 

他の人に嘘をついてはいけないように、

自分にも嘘をついてはいけないんですよね。

 

「自分に嘘をつく = 自分を大切にしていない」

ということなんです。

 

ヨガの八支則の第1段階ヤマ(禁戒)の2番目

サティア(正直)があります。

ヨーガスートラには、「サティア(正直)に徹したものには

行為とその結果がつき従う」とあります。

いつも最初から、自分に嘘をつかずに。心の明るい部分で

思考、言葉、行動を行うようにすれば、自分にとって

良い結果になっていくと思っています。

勇気のいることもあると思いますが、自分に嘘をつかない

他の人にも嘘をつかせないように、行動していくことが

大切なのだと思って、毎日を過ごしています。

 

今の「はい」は、心のどこから来ていますか?

 

☆メルマガ配信中!

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら