照顧脚下(しょうこきゃっか)

今年も残すところあと2日になりました。

掃除をしたり、年賀状を書いたり、買い物をしたり

なかなか忙しい日々をお過ごしのことと思います。

そんな時こそ、気をつけたい言葉が「照顧脚下」

”自分を顧みることを忘れないように”という戒めの言葉です。

 

よく禅寺の玄関に掛かっている「看脚下」「脚下照顧」も

同じ意味の言葉です。

私たちは、小さい頃から、先を見据えて高い目標をもって、生きよう、

努力しよう、そんな風に言われてきました。

大人になり、社会に出ても同じです。

確かにそれも大事です。

でも、前ばかり見すぎて、足元がおろそかになっていませんか?

今立ってる場所も分からなくなっていませんか?

日々追い立てられるように過ごして、ちょっと疲れてしまったなぁ~と

思ったら、ちょっと立ち止まって足元見てみましょう。

今の人間関係、今の仕事、今の自分に満足できていますか?

先にばかり目が行ってしまって、いいことはもっと先にあると

思い違いをしていませんか?

目の前や足元をちゃんと見ずに、遠くばかりを探し続けても

見つけることはできません。

 

禅の教えもヨガの教えも、日常がすべて修行であり

日常の身近な足元にこそ、真理があると考えます。

 

日々の喜びはすぐ足元にあるのに、それに目を向けずに

大切にしないから、手に入るはずの幸せも逃がしてしまっているのかも

しれません。

 

今年は、コロナウィルス関連の自粛で、今まで当たり前だったことが

本当は当たり前の事ではなく、ひとつひとつかけがえのない

大切なものだと気づきました。

 

気づいたら、行動。

 

毎日を大切に、自分の周りの人を大切に、自分の仕事を大切に

そして、自分を大切に生きていきたいと思います。

 

ちょうど1年を振り返るこの時期、自分の足元を見つめ

自分自身を深く知る時間を持つと良いですね。

 

”自分を知る” 全てはここから始まりますね。