処暑~深い呼吸と規則正しい生活を

今日から9月7日ごろまでの時期は、二十四節気の「処暑」にあたります。

「処」は止まるという意味で、ようやく暑さが治まる時期ということです。

まだ暑さは続きますが、少しずつ過ごしやすい日が出てくるようになります。

 

体調面では、季節の変わり目にはアレルギー体質が出やすくなります。

私も季節の変わり目に肌に湿疹が出てきます。

以前腸内環境を整えると良いと聞いてから、湿疹が出た時は

出来るだけシンプルな和食をこころがけ、

整腸剤(私の場合は新ビオフェルミンです(笑))を飲むようにしています。

 

そして、この時期の体調管理で気をつけることは「風邪をひきやすい」ことです。

特に今年はコロナウィルスの事もありますので、風邪には注意が必要ですね。

風邪をひきかけてるなと思ったら、早く治さないと大事に至ります。

まずは、しっかりと息を吐き切る、その後横隔膜を肋骨を前後左右に大きく広げ

胴全体を使って新鮮な空気を取り入れる、そんな深い呼吸を繰り返し行っていきます。

ヨガでは、「息を吸う」事は身体の中に「プラーナ」というエネルギーを

取り入れること、「息を吐く」事は身体の中から「アパーナ」という

老廃物を出すことです。

深い呼吸を行いながら、アーサナ(ポーズ)を行っていくことで

体の中の巡りが良くなっていきます。

また、これからは夏の疲れも色々なところに出てきます。

出来る限り早寝早起きで規則正しい生活を送って

免疫力を高く維持していきましょう!