食事を変えて3ヶ月、身体の中が変わりました。

こんばんは。

残念なことに緊急事態宣言が延長されそうですね。

今回は新規陽性者も減ってきて、重症患者も減ってきたので

今回は大丈夫だと思ったのですが。。。

さて、食事を変えて丸3ヶ月が経ちました。

現在の私は、とても体調がいいです。

倦怠感も無くなり、疲れなくなりました。

よく眠れるし、目覚めもスッキリです。

体型的には、お腹周りがスッキリ、ウエストが細くなり

ウエストラインがスッキリしました。

体重は、48Kg台で落ち着いています。

3ヶ月で4kg減、高校生以来の40㎏台で、ビックリ!

他の変化は、関節の動きが良くなったと思います。

集中力が上がり、午後の眠気が無くなりました。

 

この3ヶ月で、身体の中が、「シュガーバーニング」から

「ファットバーニング」に変わりました。

 

どういうこと?

シュガーバーニングは、糖質をエネルギーとして燃やすこと

ファットバーニングは、脂質をエネルギーとして燃やすこと

400万年前に人類が誕生し、生き延びるための最大の課題は

生き延びることでした。

約1万年前に穀物を食するようになり糖質をエネルギーとして

使うようになりました。

しかし、人類の長い歴史から見れhば、ほんの少し前です。

その前の399万年は脂肪をエネルギーにして生き延びてきたのです。

人間の体には、脂質をエネルギーとして使う方が、身体に合っている

と言えます。

ただし、良い資質を選んで摂ることが必要です。

良い資質とは、エキストラバージンオリーブオイルやバージンココナツオイル

アマニオイル、エゴマオイル、フィッシュオイルなど、加工の過程が

シンプルなものです。

この3ヶ月、「良い脂を摂って、糖質を控える」「1日の食事は8時間以内にとって

16時間は水分のみで内臓を休める」この2つを実践して来ました。

 

意思の弱い私が実践できたということは、身体の変化が自分にとって

快適なものであったからだと思います。

身体の調子がいいと、気持ちも安定しポジティブでいることができ

身体と心のつながりを改めて感じました。

 

自分の身体がこんなに変化したのは、なぜか?

その理由を学びたいと考えています。

本を読んで実践して、こんなに変わったのなら

みんなできるのではないかと思っています。

半世紀以上生きていれば、身体の内外が多少ガタが来ます。

病気になったり、なんとなくいつも体調がすぐれない

気持ちな不安定、物忘れがひどくなる、血圧が高いなど

その改善のために様々な薬、サプリメントを摂るように

なってきます。

それで、根本的な解決になりましたか?

 

私たちの体は、食べたものでできています。

その根本を変えないと、本当の健康は手に入らないと

思っています。

 

私と同じ年代の皆さんが、本来持っている健康な

身体を取り戻し、薬やサプリメントに頼らず

明るく前向きに人生を歩むお役に立てたらいいなぁと

考えています。

 

 

 

 

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら

 

【オンライン講座】ヨガでスッキリStyle up 3ヶ月コース~第1期~の参加申し込みはこちら