食事を変えて1週間経ちました

こんばんは。

アーサナスタジオ吉祥寺の鈴木です。

先日のブログで、食事の内容を見直してみるというお話をさせていただきました。

実際に見直してから、1週間が経ちました。

 

1週間やってみての感想は、とても良い!

何が?どんなふうに?

そんな声が聞こえて来そうです。

 

まず、身体が寒くならない、むくみが取れた、お腹が空かない、疲れない

身体が軽い、体重が落ちた(1kg減)、お腹がゴロゴロしたり、張ったりする

不調が無くななった、など私にはとても良い変化がこの1週間でおきました。

 

正直とても驚きました!

いままで、食事を変えてこんなに急に変化を感じたことが無かったからです。

私が実践した食事法は、「糖質を減らして、良い脂を摂る」

アメリカのアイザック・ジョーンズ氏が提唱したものです。

 

 

そして、食事は、8時間の間に摂り、残りの16時間は内臓を休めるというものです。

例えば、夕飯を午後8時に食べたとしたら、朝食は摂らず、昼食を昼の12時に摂る。

昼食をした12時から8時間の間に間食や夕食取ります。

 

良い脂とは、牛、豚、鳥などの動物性の脂質、バター、

ギー(バターから乳糖、たんぱく質を取り除いたもの)

オリーブオイル、ココナツオイル、魚などの脂質です。

オメガ3やオメガ6、中鎖脂肪酸を含んでいるものです。

できるだけ自然のものを使います。

 

食事を制限するとすごくお腹がすいたり、低糖質で寒くなったり

物凄い飢えを感じたりしますが、良い脂のおかげかそれが全く無かったです。

逆に、お腹が温かく「脂肪が燃えてるのかな?」という感覚でした。

そして、何より12年前の乳がん治療の抗がん剤の副作用が下肢に少し

残っていて、足首回りが浮腫み、脚が冷たいと感じていましたが

それが解消され、久しぶりに自分の浮腫んでいない足首を見ました。

これには本当に驚きました。

今の時点で私が思っていることは、いかに糖質を多く摂りすぎていたか

そして加工されたものを多く摂取していたかということです。

知らず知らずのうちに加工されたものを多く取り入れ、

自ら不調を引き起こしていたことにも気づきました。

食事を変えてから、とても身体が軽く。下肢のむくみが取れたことで

足が細くなりました。

体重も51.8Kg→50.8kgになり、疲れにくくなり助かっています。

良い脂は、少々値が張りますが、からだの不調による不安や医療費を

考えたら、安いと思っています。

興味があったら、是非この本を手に取ってみてください。

順調に1週間を乗り切れたので、また来週ご報告しますね。