寒い!! 肩、凝ってませんか?

今日の東京は、最高気温5度

本当に寒かったです。

私の住んでいるところは、雪は降らなかったですが

冷蔵庫の中にいるような寒さでした。

これだけ寒いと歩いている時も座っている時も

ずっと肩に力が入ってしまいます。

そのせいか、いつもより肩が凝っているように感じます。

そんな時、ゆっくりお風呂で身体を温めた後、

身体の力が緩んだところで、ゆっくり体を動かすと

よく眠れるし、翌朝身体がスッキリします。

 

どんなふうにやればいいの?

 

まずは、ゆっくり肩を動かします。

指先を肩にあてて、肘を前から後ろに大きく回します。

肩を大きく動かすイメージで、肩甲骨もいっしょに動かします。

3~5回行った後、反対回しをまた3~5回行います。

次に、行うのは、猫のポーズ(cat&cow)

スタートは、四つん這いになって、背骨が床と並行な場所から

息を吸いながら、お腹や胸が大きく伸びるように身体の前面を伸ばします。

息を吐きながら、尾骨が下に向き、胃やみぞおちを背中の甲に押し込むように

して、背中側を伸ばします。

この動きを、呼吸に合わせて5回から7回ゆっくり行います。

 

 

そして、猫の伸びをします。

背中、わきの下を長く伸ばしながら、ゆっくり深い呼吸をします。

3呼吸~5呼吸位

 

その後、お尻を踵の上に乗せて、子供のポーズになります。

そこで、全身の力を抜いて休みます。

呼吸はゆっくり5呼吸~7呼吸

腕の位置は、前に伸ばしても、お尻の横につけてもOK

手のひらも床を向けても、天井に向けてもOK

自分の肩が楽な場所におきます。

 

 

子供のポーズをしながら、息を吸うと背中がふっくら膨らみ

息を吐くとお腹がへこみ、腿にお腹を預けるような感覚があります。

呼吸を聞きながら、自分の体の動きに意識を向けていきます。

 

時間にしたら合計10分くらいだと思います。

 

肩回り、背中、腰をゆっくりほぐしてから、お布団にはいると

眠りの質も良くなります。

よく眠れれば、目覚めもスッキリ、良い朝を迎えられます。

 

免疫力を上げるには、睡眠はとても大切です。

今の時期、しっかり休息を取って免疫力を高く保ちましょう。