立冬~首を温める

今日は二十四節気の「立冬」

暦の上では冬の始まりです。

実際は、実りの季節で秋たけなわです。

今月に入ってから、近くの神社は七五三の可愛らしい子供たちが

たくさんいます。

だんだんと乾燥も感じるようになってきて

風邪の季節になってきたのを感じます。

この時期「首を温める」のが大事と言われています。

からだには三つの首があります。

「首」「手首」「足首」、この三つの首を温めると良いと

言われています。

温めることで気血の流れが良くなると全身をめぐる

六蔵六腑の経脈の流れが良くなります。

 

冬は木々の葉が落ちて、グレーの景色が多くなります。

きれいな色のマフラーを首に巻くのも素敵ですね。

黒の手袋も素敵だけど、鮮やかな色の手袋も可愛いですよね。

冬は色でおしゃれを楽しんで、目で温かさを感じられると

イイですよね。

 

もうひとつ、冬はゆっくり休んで疲れをため込まないように

するのも体調管理の上では大切です。

滋養のあるものを食し、睡眠をしっかりとって

体力を温存し、免疫力が下がらないようにしましょう。

 

今年の冬は免疫力を維持して、流行り病に負けないよう

首を温める事、ゆっくり休むことと基本的な予防策を

怠らずに過ごしましょう。