呼吸がしにくいと感じたら~家でできる休息のヨガ

今週に入り寒い日が続いていますね。

今の時間(22時)、夜空に星がきれいに見えます。

寒いと厚着になり、肩に力が入ります。

背中も丸くなりがち、呼吸が浅いな~とか

息が詰まるような感じがあるかもしれません。

そんな時、家でできる胸を開くポーズを紹介したいと思います。

スタジオで行う時は、ボルスターという少々硬めのクッションを使いますが、

家で行う時は、バスタオルと2,3枚重ねて、くるくる丸めて筒状に

したものを使います。

ヨガマットを丸めても良いです。

  👈こんな感じでくるくる丸めます。

棒状に丸めたら、棒の手前、落ちそうなところにお尻を乗せ

背骨を添わせるようにして仰向けになります。

膝は伸ばしても、三角に立てても良いです。

楽な方を選びます。

膝を三角に立てた時は、膝の下にクッションや座布団を

二つ折りにして、床と膝裏のスキマを埋めてください。

腕は斜め下に伸ばし、手のひらは上に向けます。

身体は冷えないように、ブランケットや毛布を

かけて保温してください。

背骨の下に、棒状のバスタオルの厚みがあるので、

重力で自然に胸が開き、深い呼吸ができます。

目が疲れている時は、目の上にホットタオルを乗せても

気持ちがイイですね。

 

  全身の力を抜いて、地に身体を委ねます。

自分の呼吸をゆっくり観察するように、呼吸で上下するお腹の動きに意識を

向けていくとリラックスできます。

 これも気持ちがイイですよ。

股関節が硬い人は、膝の下にクッションを入れて

支えにすると股関節が広がりすぎず、安定します。

この姿勢の時は、腰が反りすぎないように、注意します。

イメージとしては、尾骨は踵の方を向く感覚です。

 

時間にして10分から15分くらい、そのまま何もせずに

呼吸に意識を向けていきます。

胸が開かれて、呼吸が深くなり、身体の緊張も

心の緊張もほぐれていきます。

 

一日頑張った自分を、ゆっくり解放してあげましょう。

 

クリスマスや年末に向けて、忙しい日々を過ごしていると思います。

 

1日の最後に、何もしない時間を作って、身体と心を癒してあげましょう。