【お客様の声】あと20年生きることにしたの^^

今日は、大寒らしい寒さでしたね。

今日はお客様にいただいたお声を紹介いたします。

 

「あと20年生きることにしたのよ」

対面のプライベートヨガを毎週受けてくださっているお客様から

いただいた言葉です。

レッスンの前に体調の確認をしたり、世間話をします。

Iさんは、今70代です。スタジオでいっしょにヨガをするようになって

2年ほど経ちます。

その日の世間話は、菅総理の2030年に電気自動車100%を目指す、2050年に

脱炭素社会を目指すという話題になりました。

私が、「2030年は見ることが出来るけど、2050年はどうかなぁ~。みれるかなー」と

言ったら、Iさんは「大丈夫よー」

「私はスタジオに来るようになって、あと20年生きることにしたのよ」

私、「そうなんですか! それってスゴイですね」

Iさん、「ヨガをやる前は、もう70だしあと10年生きられればいいかなと思ってたのよ」

「でもね、ここに来るようになって、あと20年は生きることにしたのよ。

大丈夫だって思ったの」

 

話しながら、ちょっと感動していた私がいました。

なぜならば、あと10年生きられればいいかなぁと思って生きる毎日と

あと20年生きると思って生きる毎日って、生きる姿勢が違うと思ったからです。

 

90歳まで生きられる!と思っていただけたことも嬉しかったですが、

それよりも自分の体力に自信がつき、生き方も積極的に変わったことが

とても嬉しかったのです。

 

少し前から人生100年と言われていますね。

定年が65歳としても、残り35年。

その残りの時間を、どれだけ元気に過ごせるか。

 

私が「元気に過ごす」とはどういうことかというと・・・

からだとこころが繋がっているので、

からだに不調が無く、健康であること。

心が前向きで、日々起こる様々なことに、面白がって対処していけること。

そんな風に考えています。

 

ヨガは、身体と心に良い影響を与えてくれます。

身体的には、筋力向上と柔軟性が向上し、姿勢改善に効果があります

精神的には、心の安定、自分を肯定的に捉えることが出来るようになります。

ヨガは、実践すること、体感していくことで

身体と心に変化が起きていきます。

人生100年、今50歳の方はちょうど折り返し地点です。

ここから人生のセカンドステージが始まります。

セカンドステージが、自分らしくより輝いて生きるために

姿勢を改善し、こころを前向きに保つことが大切です。

そして、自分らしく輝いて生きる女性を沢山増やしたい、

ヨガを通してそのお役に立ちたいと思っています。

ヨガをやってみたいなぁと思っていたら、ぜひこの機会に

一歩踏み出しましょう!