お昼ご飯のあと、急に眠くなることありませんか?

こんにちは、

東京も梅雨入りしたようです。

梅雨は、雨が続き湿度も高く鬱陶しい時期ですね。

しかし、動植物には必要な恵みの雨、昔から日本には

沢山の雨の種類がありますよね。

霧雨、涙雨、豪雨、大雨、小雨、小ぬか雨などなど

ある意味雨も受け入れ楽しんでいたということ、見習いたいものです。

さて、話は変わります。

皆さんお昼ご飯の後、急にどうしようもなく眠くなることありませんか?

私も以前は、お昼ごはんの後、寝不足でもないのにどうしようもなく

眠くて仕方がない、気づいたらある瞬間記憶がない!ということもしばしば。

一体全体どうなってるんだろう?といつも思っていました。

 

そもそも炭水化物などの糖質を摂った時、

体の中で何が起きているんでしょうか。

糖質は体の中に入ると、グルコースという物質になって

体中の細胞に届けられます。そして、細胞は、グルコースを使って

体の中で様々な活動をするためのエネルギーを作り出します。

そのグルコースを届ける役目をするのが、インスリンというホルモンです。

糖質が体内に入ると、「糖質が来たぞ~」という指令が飛び、

すい臓からインスリンがたくさん分泌されます。

ここでインスリンスパーク(急上昇)が起こるのです。

この時、血液の中のグルコース濃度、つまり血糖値が上がります。

お昼ごはんを食べた後に急に眠気に襲われて、午後の活動が

手につかないなどの状態になるのは、昼食で取り込んだ

糖質が原因の一つとなって引き起こされるのです。

 

そして、このインスリンは、糖質が入ると一気にスパークした後

減る時も急激な勢いで下降します。

血糖値が一気に上がって、一気に下がる。

そうすると、体はバランスを保つために、また血糖値を上げたくなって

糖質が欲しくなります。

これが、まさに甘いものマジックです!

甘いものを食べると、麻薬のように次々と欲しくなったりするのは

このためです。

 

このように血糖値が上下していると、細胞に供給されるエネルギー源も

安定しないので、内臓機能が安定しません。

したがって、脳のエネルギーレベルも一定に保てず、

集中したり、記憶したりするという脳の機能も

一定しません。

 

このようなことから、炭水化物・糖質メインの食事を

していると、体の中のエネルギーシステムが

「シュガーバーニング」という糖質の燃料タンクを

メインにするシステムになります。

ここまで読んできたあなたは、このシステムは

体にとってはエネルギー供給が不安定であるということを

良くお分かりになると思います。

不安定なエネルギー供給の中で、安定的にものを考えたり

仕事をしたりするのは中々大変ということになりますね。

☆ただ今メルマガ配信中

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら