時には、無判断の日を作る

昨日までの寒さから、一転、今日は暖かかったですね。

一都三県に緊急事態宣言が発出され、全国の主要都市でも

同じように緊急事態宣言が発出され、全国的に自塾のムードが

大きくなってきています。

毎日の感染者数や重症者、志望者、医療現場の逼迫のニュースを

聞くたびに、心が不安に駆られたり、閉塞感に捉われてしまいます。

 

肉体的な疲れは、睡眠をとれば軽減します。

しかし、感染への不安や政府の政策についての憤りや不満が

あると、感情的、精神的な疲れになります。

感情的、精神的な疲れは、なかなか取れません。

 

では、どうやってその疲れを取ろうか?

 

こんな話を聞いたっことがありますか?

 

自分の目の前で起きる出来事は。そこに好いも悪いも

無いと言われています。

その出来事に反応して、自分にっとって良い、悪いの

判断や評価を加えているのは自分です。

そういう自分に気づいたら、怒っている出来事について

「無判断の日」を作ることをお勧めします。

その日は、怒った出来事はそのまま受け入れ

何についても判断・分析・判断をしない

そういう日を作って、自分の心を軽くして

上げましょう。

そうすることでONとOffをきっちり

使うことができるようになります。

 

忘れてはいけないことは、目の目で起こったことに

良い悪いとラベルを貼っているのは、自分です。

だから、たまには、自らラベル貼りをせずに、

評価も判断もしない、無判断の日を作って

心を開放しましょう