呼吸でゆっくり疲れを取り除く

今日は、寒い日でしたね。

昨日との気温差が7度くらいあり、身体にとっては

体調を整えるのがちょっと難しい状態ですね。

寒い日は身体に力が入り、急に温かくなると一気に疲れる。

眠気が強くなったり、よく眠れなかったりと

なかなか難しいですね。

そんな時、ゆっくり呼吸をすると気落ちが落ち着き

身体がスッキリします。

 

仰向けに寝て、手のひらをお腹にあてます。

意識は、手のひらに向けます。

息を吸う時に、お腹は膨らみます。

息を吐くとき、お腹がへこんでいきます。

 

自分の耳で、呼吸の音を聞きながら、ゆっくりと

腹式呼吸と行っていきます。

10~20呼吸、時間にしたら1分~2分くらい

たったそれだけでも、スッキリします。

寝る時に布団の中で行うと、そのまま眠ってしまうことが多いです。

 

椅子に座って行う時は、背筋を伸ばして

お腹に手を当てて行います。

 

そして、ちょっと疲れなたなぁ~と思ったら

合せきのポーズで、身体の力を抜いて、呼吸を深めて行きます。

 

 

手のひらを上に向けると肩の力が抜けます。

息を吸うと、背中がふんわり膨らみます。

息を吐くと、上半身の力が抜けます。

意識的に深い呼吸を繰り返し行っていきます。

股関節の柔軟性が足りない時は、膝の下にクッションや座布団を

二つ折りにして入れると、支えになって内腿が楽にできます。

このような前屈系のポーズは、吐く息の方が長くなります。

その為、心が静かに落ち着いてきます。

 

そして、寒いと肩に力が入ってしまうのが普通です。

その力も深い呼吸とともに抜けて行きます。

椅子で行う時は、太ももにお腹をあてるように前屈をして

行うと良いです。前屈した時に、腿の付け根に違和感を感じる時は

お腹にクッションや座布団を丸めてあてると楽にできます。

 

普段は無意識に行っている呼吸ですが、意識的に呼吸を深く行うことによって

心に落ち着きが取り戻されて、心とからだのバランスを整えることが出来ます。

 

今は緊急事態宣言発出中で、心配事や不安を感じる日々が続いています。

心とからだは頑張っていますが、無意識のうちにストレスを

ため込みやすくなっています。

呼吸を深く行っていくことで、精神的な落ち着きを取り戻す

サポートにもなりますので、是非取り入れてみてください。

どんな時も、本来の自分を信じて免疫力を高めて、コロナにも

風邪にも負けずに、この冬を乗り切りましょう。