こころのヨーガ~本のご紹介

今日のお昼間は、暖かかったですね。

マフラーも手袋も必要ありませんでした。

本のご紹介をしたいと思います。

ヨーガの本です。

でも、本の中には、サンスクリット語もポーズの写真も

筋肉の名前も、チャクラの事も書かれていません。

日常生活でのこころの在り方、こころの取り扱い方が

書かれています。

ある意味、ヨーガの本質を書いています。

 

 

ヨーガスートラの最初にヨガをする目的が書かれています。

「ヨーガとは、心のはたらきを止滅することである」

この文章だけ読むと、頭の中は???という感じになります。

でも、この本は、生活に結び付けて書いてあるので

腑に落ちやすくなっています。

ひとつひとつのエピソードは短く、一通り読んだ後

その時の心理状態で、必要な部分を読み返すと、こころが

軽くなるように思います。

 

例えば、1章は「閉じた心の扉を開く」、その中に22話書かれています。

1-1 なぜ人生は思うようにならないのでしょうか?

この話から始まっています。

私が今日ピンときたものを紹介します。

ここから引用

Ⅲ心を目覚めさせる扉の鍵

61 必要な時に必要な人は現れます

安心していいのです。

毎日を一生懸命、全身全霊で心を込めて生きていれば、それでいいのです。

そうしていれば、準備ができた時に必要な時に必要な人が現れるのです。だから、私たちは自分でできる最大限の準備をしていればいいのです。

ヨーガでは、準備ができた時に、その人にふさわしい先生が現れると言われています。ただ淡々と欲を離れて、ヨーガを実践していれば整った時に師と出会うことができる。だから必要な人が現れていない時は、まだ準備ができていないか、もしくはその人がまだ必要ではないということです。とりあえず、精神的にひとりで成り立っていられるように、準備しておきましょう。

 

ひとつひとつの内容が、ヨーガの教え(哲学)を踏まえて書かれています。

私たちが、日々生きる上での考え方、在り方に沢山の気づきが貰えます。

ヨガをしている人も、していない人にもおすすめの一冊です。

是非、読んでみてください。

 

*初詣に行った神社の屋根に、💛を見つけて

思わず写真を撮りました💖