建国記念の日に思う事

今日は春のように温かい1日でしたね。

お昼からのレッスンをしに下町のスポーツクラブに行きました。

今日の東京スカイツリーは、春霞で薄ぼんやりして見えましたよ。

今日は建国記念の日です。

古事記や日本書紀で、神武天皇が即位された日で、

皇紀2681年にあたります。

私が通っていた高校には、いまはもう無いけれど戦前に建てられた

講堂がありました。その建物には「皇紀二千六百年」という

プレートが付いていたのを、覚えています。

私は、日本という国が大好きです。

自然が豊かで、四季があり、とても美しい国だと思います。

新しいものも多くありますが、古いものも大切に受け継がれています。

古事記は現代語訳で読みましたが、読みながら自分とのつながりを

感じました。高校生の時は、古典の時間で読まされても、

繋がりなんて感じたことは無かったです。

思い返せば、勿体ないことしたと思います。

今の年齢になって、大好きなこの国を自分たちの次の世代に

ちゃんと渡したい、渡さなければという思いが強くなりました。

国家としては世界で一番古い私たちの国は、どの国とも

違います。そして、つい百数十年前まではアジアの国のほどんどは

ヨーロッパの植民地でしたが、日本はずっと独立を保ってきました。

こういう日本を次の世代にちゃんと渡すのが、現代を生きている

私たちの責任だろうと思っています。

 

そんな風に考える自分に出会うと、歳だね~と思ってしまいます(笑)

 

私は1963年生まれなので、前の東京オリンピックの時は1歳

当然記憶はありません。

だから、この夏のオリンピックは、とても楽しみにしています。

コロナ、コロナでだいぶ規模縮小にはなると思いますが

自国開催に向けて頑張っている、競技者の皆さんが

晴れ舞台を踏めることを願っています。

 

わたし自身、選手の育成に関わった時期もありますので

彼らが、陰でどれだけ大変な思いをしながら、頑張っていること

それを支えるご家族、コーチなど関係者の方々がどれだけ尽力

されていることも知っています。

だからこそ、日の丸を背負って出る機会をつぶさないで欲しいと

心から願っています。

組織委員会の皆さん、いまはとても大変な時だと思います。

是非、最後まで頑張っていきましょう

森前組織委員長の事は、本当に残念でした。

40分話された全文を読みましたが、私には、「(五輪の組織委員の)

女性は能力が高く、的確に話をされるから、欠員が出ると女性を

入れています」というように読めました。

「女性を入れると会議が長くなると言っている人もおります」との

言葉も確かにあったけれど、森さんの意見としての発言ではなく

JOCの女性委員を立てるための、比喩で使っているように

私には読めます。

40分の内のたった数分の切り取りで、こんな騒ぎになるのが

まったくもって理解できませんでした。

自分の家にテレビが無いことが、とても有難いと思ったくらいです。

今回の騒動からは、どんな時も冷静に虚心坦懐に、物事を観ることが

とても大事であると学びました。

 

 

*神武天皇陵、橿原神宮