体が硬いけど、ヨガできますか?

こんばんは。

風に桜の花びらが舞って、一瞬見とれてしまいました。

今日も温かい1日でしたね。

さて、タイトルにある言葉。よ~く聞かれます。

「わたし、身体硬いんですが、ヨガできますか?」

「もちろんできますよ! 全く問題ないです」と

いつも答えます。

 

体が硬くてもヨガを継続していくうちに

少しずつ柔らかくなっていきます。

開きにくかった股関節も開くようになりますし、

曲がりにくかった前屈も、少しずつ曲がるようになります。

私自身も少しずつ柔らかくなりましたから。

 

私のヨガスタジオには、ブロックやストラップなど

補助具があります。

補助具を使うと、苦しくなくポーズを取ることができます。

 

マットの上に載っているのが、

ブランケト、ブロック、ストラップ

アイピローです。

 

 

ここで、ちょっと考えてみましょう。

柔軟性を向上させたいから、ヨガを始めました。

あなたは、どのくらい身体を柔らかくしたいのでしょう?

前屈で、太ももにお腹がつくくらい?

足が150度くらい開脚して床に胸がつくくらい?

なぜ、そう思うのでしょうか?

 

わたしを柔らかくしたいと思っていらっしゃる

その裏に本当に今困っていることや、あなたのこうなりたい

があると思っています。

例えば、

体が柔らかくして、肩こりを直したい

体が柔らかくして、腰痛を直したい

体が柔らかくして、姿勢を良くしたい

という風に。

 

ヨガをして、呼吸を深めて、全身を動かして行くと

血流が改善したり、筋肉が伸びたり、リンパの流れが改善します。

そうすると、肩こりや腰痛の改善、姿勢も改善します。

日常生活が快適に送れるようになります。

その快適を積み重ねてきた結果、気がついたら

体が柔らかくなっていたということの方が

実際に近いと思います。

 

ヨガは身体が硬くでも、問題なくできます。

補助具を使いながら無理せずにポーズを取ることで

正しく身体を使えるようになります。

正しく身体を使っていると、安全で、自然に柔軟性が

向上していきます。

大事なことは、正しく身体を使うこと、深い呼吸を行うこと、

体の変化を楽しむこと、この三つだと思います。

 

 

☆メルマガ配信中

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら