自分への期待値

こんばんは。

東京も今日は雪が降りましたね。

本当に寒かったです。

私の尊敬するビジネスの師匠のメルマガに「期待値」という

言葉について書かれていました。

私は、今まで「期待値」という言葉、

自分以外の人や受けるであろうサービスなどに使っていました。

 

例えば、マクドナルドでは、スタッフの笑顔とハンバーガーの味はこのくらい、

モスバーガーなら美味しさはマックより上とか、わたしの中で期待値があります。

でも、今までわたし自身に対して、その言葉を使ったことも無ければ、

考えたこともないということに気づきました。

 

私は、私に対してどのくらいの期待値をもっているだろうか?

 

例えば、こうしてブログを書く時、

ヨガトレーナーとして皆さんの前に立つ時、

すずきゆうこ にどの位の期待値を持っているだろうか?

 

うん、無くはない、あるにはあるな・・・どっちやねん!?

 

上手く言葉で書けませんが、ある程度の期待値はあるようです。

 

自分への期待値が、高い、低いとは、何だろう?

 

自分への期待値が低いということは、

自分を卑下ことになるのではないかと思います。

何をやっても自分はこの位しかできない、平凡な人間だなどど考える事が

それにあたると思うのです。

つまり、自分への信頼度が低いということです

 

逆に自分への期待値が高いということは、

自分を尊敬することになるのではないかと思います。

自分はきっとできる、もし上手くいかなくてもまた始めれば良い

自分はこの世にひとりだけの大切な存在と、自分を受け入れることが

出来る事がこれにあたると思います。

自分への信頼度が高いということですね。

 

自分への期待値が低い人の人生と、自分への期待値が高い人の人生、

同じ50年でも全く違う人生になる事は、容易に想像できます。

 

あなたは、自分への期待値を高めるために何かしていますか?

 

今よりも、自分への期待値が高まったら、どんなことが起こるでしょうか?

 

私の事を振り返ってみると、期待値を高めるよ言うより、自信をつけるために

小さなことでも、自分で決めたことを継続しています。

ひとつは、トイレ掃除

もう一つは、1日の終わりに今日できたことを5個書き出す

この2つは何があっても、毎日行っています。

毎日続けることで、毎日コツコツ積み重ねたという自信に繋がります。

自分に自信をつけるには、経験上行動することが一番大切だと思っています。

 

では、自分自身への期待値を高めるためには、何をすればいいのでしょう?

正解は無い質問なので、私の考える所で、書いてみます。

①自分がこうありたい、こうなりたいという目標を持ち行動する。

②人としての在り方を常に考えて、実践している

③上手く行ったら、みんなのおかげ。上手く行かなかったら勉強したと思って

また、スタートできる。

④自分を大切に考えている

 

物凄く漠然とした、形の見えないものですが、

自分への期待値を高める生き方をして行きたいと思います。

 

あなたはどうですか?