春は自律神経が乱れがち、ヨガで整える

昨日、東京で桜の開花は発見されました。

市場1位タイだそうです。

今日も4月中旬~下旬の温かさでしたね。

春は、今日のように温かい日もあれば、少し前のように

季節が戻ったような寒い日もあります。

1年のうちで寒暖差が一番大きいのが春です。

私達の体は、一生懸命それに対応しようとして

交感神経の働きが優位になり、緊張状態を続けます。

その結果、エネルギーの消耗が大きく、疲れやだるさを

感じやすくなります。

天候の移り変わりも激しく、低気圧の影響で血中酸素濃度も

低くなり、日中のだるさや眠気を起こさせます。

朝起きた時に、疲れが取れない、耳鳴り、めまいなど様々な

症状として、体に現れることもあります。

自律神経の乱れは、自分自身ではなかなかコントロールが

難しいです。

 

そこで、おすすめなのが「ヨガ」です。

自律神経は、コントロールが難しいと書きましたが

呼吸は、自律神経と運動神経の両方が支配しています。

唯一、自分でできる自律神経を整える方法が呼吸です。

 

深呼吸をすると、落ち着いたという経験、ありませんか?

 

深い呼吸をすると副交感神経が優位になり、手足が

温かくなり、内臓の動きが活発になり、気持ちが落ち着きます。

ヨガは、太陽礼拝は呼吸に合わせて行いますし、ポーズを保持

している間は、深い呼吸を行う有酸素運動です。

交感神経が優位になると、手足が冷たくなり、気持ちは

イライラ落ち着かない、内臓の動きも鈍くなります。

そんな時にヨガをすると、副交感神経が優位になり

自然に自律神経のバランスを整えることができます。

 

ヨガが、身体と心に働きかけると言われる所以です。

 

ポーズを保持することで、体幹、脚力など筋力が付き

呼吸を深めたり、呼吸法、瞑想をすることで

心に安定をもたらしてくれます。

 

自律神経が乱れがちな今こそ、ヨガをやって欲しいと思います。

 

プライベートレッスンをやってみたい方は

初回体験も行っています。

 

まずはメールにてお問い合わせください。

 

☆メルマガ配信中!

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら