がんは遺伝と思っていたけど、違うみたい

こんばんは。

今日は安定した晴れで、吹く風も気持ちよく

心地の良い一日でしたね。

ホームページの自己紹介や、プロフィールにも書いてありますが

私は2度がんを経験しています。

一度目は、45歳の時 乳がん 発見時ステージ2a、

二度目は、53歳の時、肺腺癌 発見時ステージ1bでした。

我が家は、祖父母はがんを患っていませんが、父はすい臓がんで

他界しました。母は、心臓病と肺がんで亡くなりました。

両親が、がんに罹患しているので私も遺伝で体質を引き継いで

いるのかもしれないと思っていました。

 

しかし、Dr. Jonesの本を読んだときに、アメリカのがんの一番の

専門病院が、がんの90%以上は遺伝ではないと発表している

と知りました。

そして、「がんは、生活習慣病である」と書かれていました。

その時、こう思いました。

 

「そうなの?じゃあさ、予防できるの?」

 

アメリカでもっとも有名ながんセンターである

テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターが

あるレポートを発表しました。

そのレポートのタイトルは「がんは予防できる病気」と

いうものでした。

レポートには、次のように記載されているそうです。

「食事を変えることによって、がんの遺伝子を発現

させないことができる。遺伝子はほとんどの病気の原因ではない。

環境、すなわちライフスタイルが90~95%の慢性病の原因である。

あなたは、90~95%の慢性病をコントロールできるのだ」

自分が病気になるかどうかは、9割以上自分でコントロールできる!

これを読んだとき、大きな衝撃を受けました。

同時に、完解したと言ってもがんに根治はありません。

私も食事とライフスタイルを変えれば、再発の心配のない

生活が送れるという、光が見えた気がしました。

 

この遺伝子のスイッチをオフにするカギを握っている

重要な要素は「細胞膜」だそうです。

遺伝子は細胞の核の中に入っているが、その核も膜で

できています。だから膜の状態こそがすべてのカギを

握っています。膜が最適な状況にあると、良い遺伝子も

発現するということになります。

 

細胞膜は何からできているかというと「アブラ(脂質)」です。

「悪いアブラ」で作られた細胞膜は、柔軟性が無く、鉄板のように

硬くなります。

鉄板の様に硬くなった細胞膜は空気も栄養素も通しません。

もちろん、細胞内に溜まった毒素も通過できません。

逆に「良いアブラ(脂質)」を原料にして作られた「良い細胞膜」は

シャボン玉のように弾力性に富んでいます。

酸素や栄養素をスムーズに細胞内に取り込み、要らなくなった老廃物を

外に出して細胞の働きを助けます。

だから食生活を変えることで、がんはもちろん、遺伝的な体質が大きいと

言われてきた心臓病、動脈硬化、アルツハイマー病、糖尿病などの

多くの慢性病を防ぐことができる可能性があるのです。

実際に私は、食事を変えてから、体が変わりました。

体の中から健康になっている感じを体感しています。

細胞が変わるというのは、こういうことなのだと日々感じています。

 

ぜひ、良いアブラを取り入れてみてください。

過去のメルマガでアブラについて書いていますので

ご興味ある方は、ご覧ください。

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら