13年目も無事

今日は、乳がん術後13回目の検診でした。

結果は、無事、異常なしでした。

毎年、今年も大丈夫だろうと思いつつ、やはり結果を聞くまでは

落ち着かないものですね。

 

12年前の11月の終わりに1段階目の治療が終わったので、毎年この時期が

検診月になっています。

2006年の12月に右乳房にしこりを見つけ、診察で乳がんと診断され

2007年の1月から治療を始めました。

半年間の術前化学療法、手術、放射線治療と進みました。

全部の治療が終わるのに、なんと11ヶ月かかりました。

本当に長かったです。

今思い出してもなかなか厳しい11ヶ月でした。

我ながら、よく頑張ったと今でも思います。

 

私が乳がんに罹患した頃は、16人に1人が乳がんになると

言われていました。

現在は、9人に1人と言われていると聞きました。

早期発見ができるようになったこともあると思いますが

それにしても罹患率は凄く上がっていると思います。

 

教室に30人の生徒がいたら、3人~4人は乳がん患者がいる計算です。

以前よりもずっと身近な病気になっていると言えます。

本当は罹患しない方が良いけれど、罹患してしまっても

早期発見の場合は、5年生存率は9割を超えています。

治らない病気ではなくなっています。

だから、検診を受けて欲しいと思います。

早く見つければ、治療の負担は軽くなりますから。

 

そして、もし思いがけず罹患したら、どうかご自分を責めないでくださいね。

私もそうでしたが、一生懸命原因探しをすればするほど、自分を責めてしまいがちです。

それよりも、自分と向き合ってみて、無理していた事がないかどうか

自分に問いかけてみてください。

人間関係で、仕事などで今まで無理していたことがあったら、

もう無理しないと決めて環境を変えることをお勧めします。

そして、自分を大切に取り扱ってください。

今まで一生懸命走ってきたけれど、一旦立ち止まって、

走るペースを見直すチャンスを、神様がくださったと思いましょう。

 

私と同じように仕事をしながら治療する方も多いと思います。

絶対に無理はしないでくださいね。

あなたしかあなたを大切に扱うことはできません。

どうかあなた自身を大切にしてあげてくださいね。

あなたはこの世の中にひとりしかいない大切な存在なのです。

それを忘れないでください。