ありのままを受け入れる

今日も暑かったですねー

マスクをして外を歩くことが徐々に負担に

感じるようになりました。

 

今朝の新聞にユニクロからエアリズムのマスクが

発売されるとの記事を見つけ、絶対買わねばと

強く思いました爆  笑

 

さて、ヨガの八支則の第二段階

「勧戒/ニヤマ」の5番目の戒律

”イーシュヴァラ・プラニダーナ(自在神への祈念)”があります。

 

”神への降伏”と訳されているものもあります。

ヨガで神様は、私たちの目の前に広がる世界の背後に

満ちている神聖なエネルギーのようなもの、言い換えれば

私たちの目の前に差し出されるありのままの世界と言えます。

 

プラニダーナは降伏、献身という意味であり

イーシュヴァラ・プラニダーナは、

差し出されたありのままの世界をありがたく受け入れ

身をささげて行きなさいという教えです。

 

自分が望む現実が起こる場合は、ありがたくそれを

受け入れることは容易です。

しかし今回のコロナ感染症に伴う、自粛、収入減など

自分にとって望まない現実が起こった場合、なかなか

有難く受け入れることは難しいですよね。

 

そのような場合でも、その背後にある深い意味合いを

感じ取り、受け入れることで新しい一歩を踏み出す

きっかけが生まれます。

そして自分が思ってもいなかった新しい人生の扉が

開くはずです。

 

私も今回のコロナ感染症による一連の事が起きなければ

オンラインでレッスンをしようとも思わなかったし

そこで生まれる新しい可能性に気づくことも

なかったと思います。

 

そう思うと望まない現実が眼の前に表れて、

自分が行きたい方向と反対に向かっているように

思えても、思い切ってその方向に流されてみるのも

良いのかもしれない、そんな風に思う今日この頃。

 

あなたはどう感じていますか?