金曜日は疲れる?

こんばんは。

今週は、温かい日が多かったですね。

さて、今朝の出来事。

私は週3~4日、午前中飯田橋にある保育園の受付をしています。

直接教えているわけではないですが、子供たちの成長を間近で見れて

とても楽しく、嬉しいです。

そんなわけで、今朝も出勤のため朝早く電車に乗っていました。

私が乗る駅からは、座れることはほぼ無いです。

いつものように立っていると、ドアにもたれるようにして

立ちながら、眠っている男性がいました。

膝が崩れそうになって、そのたびに起きるのですが

また眠気が襲ってくるようで、目を閉じて眠りに

入ってしまうようです。

年齢的に、私と同じくらいの方だと思います。

 

疲れているなぁ。

仕事が大変なのかなぁ。

こんなに疲れていて、仕事でちゃんとした判断が

出来るんだろうか。

夜の眠りが浅いのか、それとも眠れないのかな、

などと、私の中で勝手な想像が膨らんでいました。

 

人の心とからだは繋がっています。

疲れている時は、心の感性も鈍く、感情が動かなくなります。

そして思考は停止したり、ループのように同じ思考が

回っていたりします。

疲れというのは、身体だけでなく、心にも影響を与えます。

 

出来るだけ、疲れを翌日に持ち越さないことが、カギになります。

そこで、私が疲労を残さないために、行っていることを紹介します。

・夕食は、早めに取り、夜遅く食べない。

・水分は、1日を通して多めに取る

・湯船に浸かる(入浴剤、アロマオイル入りを使います)

・寝る前に、ベッドの上でゆっくりヨガをする

・スマホは、寝る1時間前で終了

・好きなブレンドオイルを手のひらに2,3滴たらしてゆっくり吸い込む

・寝る時の部屋は、真っ暗

・横になったら「今日も良く頑張ったね。明日もいい日になったらいいな」と

自分を褒めて、ゆっくり自分の呼吸に意識を向ける。

 

日によって多少の違いはあるかもしれないですが、このようなことをして

翌日に疲れを残さないよう工夫しています。

 

翌日、機嫌よく朝起きるために、あなたがしていることは

なんですか?

 

金曜日は疲れ切ってしまい、回復するのに土曜日の

大半を費やしてしまったら、勿体ないですよね。

時間を有効に使うためにも、疲れを早めに取る工夫を

して行きましょう。