「脂=身体に悪い」と思っていませんか?

こんばんは。

突然ですが、あなたは、脂=身体に悪いものと思っていませんか?

私は、以前そう思っていました。

糖質を控えめにしていましたが、それよりも脂質は極力

避けていました。

それが健康に良いと思っていました。

しかし、体調が良かったかというと、朝起きた時の頭痛

突然の腹痛など、時々原因が分からない不調が

ありました。

 

最近、予防医学の本を読んで、私の考えが180度変わりました。

 

脂には、身体に良い脂とからだに悪い脂の2種類があると

知りました。

良い脂は積極的に摂ることで、身体によい効果があると

知りました。

もう、心の中で「えー!そうなのー」と叫びました。

目からうろこが音を立てて落ちましたよ(笑)

 

身体に60兆個ある細胞の細胞膜は脂肪です。

脳は、重さの60%は脂肪が占めています。まさに脂肪の塊のような臓器です。

だから、身体が喜ぶ良い脂は積極的に摂った方が、脳の働きが

良くなったり、細胞が活性化し、身体の中の炎症が取れます。

 

では、良い脂とはどんな脂でしょう?

加工過程が少なく、自然な状態で、

古くなって酸化していないものです。

具体的には、以下のような脂です

・エクストラバージンオイル(オメガ6)

・MCTココナツオイル(オメガ3)

・アマニオイル(オメガ3)

・えごまオイル’(オメガ3)

・ヘンプオイル(麻の実オイル、オメガ3)

・グラスフェッドバター(オメガ6とオメガ3のバランスが良い)

・グラスフェッド・ギー

・ココナツオイル

このような、脂は積極的に摂ると良いです。

捕る時の注意は、加熱しないことです。

この中で加熱して良いものは、飽和脂肪酸の

ギーとココナツオイルだけです。

「グラスフェッド」というのは、牧草だけを食べて飼育された牛です。

穀物や抗生物質の入った餌は食べていない牛です。

このような脂は摂取しても、太りません。

 

では、悪い脂は、どんな脂でしょう?

ほとんどの植物油が含まれます。

・サラダ油

・キャノーラ油

・コーン油

・大豆油

・ひまわり油

・綿実油

植物油は、加工過程がとても多く、科学溶剤を使って

いるものもあります。

加熱するとトランス脂肪酸に変わり、

身体には毒性が強いものです。

トランス脂肪酸は、心臓疾患の原因やがんの発生に関わりがあるとも

言われています。がんサバイバーの私にとっては避けたいものです。

詳しくは、以下のリンクの記事を見てください。

https://friday.kodansha.co.jp/article/68845

 

脂=身体に悪い のではなく、悪い脂ではなく

良い脂は積極的に摂り入れることで、

身体によい効果をもたらしてくれます。

但し、良い脂の働きを良くするためには、「糖質」は

控えた方が良いです。

そのあたりは、次回お伝えします。

一気に食事を変えるのは、なかなか大変なことですが

使う脂を変えるのは比較的取り組みやすい

のではないでしょうか?

私も、食事を変えようと思った時に

一番最初に行ったのは、今まで使っていた脂を捨て

MCTオイル、ココナツオイル、グラスフェッド・ギー

エキストラヴァージンオイルを購入しました。

 

あなたも、自分がい使っている脂を見直してみませんか?

☆メルマガ始めました

Yuko(すずきゆうこ)公式メルマガの購読申し込みはこちら